スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七回 中南海のノベコラ「超短編ノベルズマスター」

心を動かすノベマスには時間が必要、と言いました。

ノベマスを長くする理由は、綿密な描写の為です。
要するに、登場人物の経験や心情を説明する必要があるんですね。

物語に出てくる人がどんな経験をしたのか、私達はよく知りません。
「こんな信条を持つ人が」「こんな体験をした末に」「こんなセリフを言う」。
その人の背景に何があったのかを描写する事で、クライマックスに説得力が出ます。
だからこそ、大作にはそれなりの再生時間が必要になるのです。

しかし、本当にそうでしょうか?

ノベマスは二次創作。
私たちは、登場人物についてかなりの背景を共有しています。
短くたって私達をニコニコさせてくれる動画は沢山あるはず。

何より、「気軽に見られる事」こそがニコニコの大きな持ち味のはずです。

今日は、そんな短編の紹介です。
ちょっとした休み時間にいかがでしょうか?

【15秒CM@ster】絶対に言わなさそうなこと大会 弓削P
(15秒)


まず短いノベマスといえばこちらでしょう。
テンポ良く表示されるセリフとフォント芸は、弓削Pさんのお家芸。
弓削インターフェイスの本領発揮です。

たったの15秒で、これだけニコニコできる。得難い作品です。


【解決ラジオ】スーパー我那覇タイム2【7月10日は指笛の日SP】左之字P
(1分35秒)


サムネのせんべい響が可愛い。
……はともかく、大喜利でお馴染み左之字Pさんです。

非常にコント系ノベマス「らしい」作品。
キャラ崩壊に下ネタぶっぱなし、おバストネタやラーメンネタ。
ノベマスの「お約束」を踏襲したネタではないでしょうか。
あたまからっぽにして楽しめます。


【演芸m@s】◯◯ならどーする?【菊地真の場合】 風上P
(32秒)


この記事を書くために「短い時間順」でタグをさらって発見。
でもこれは面白い!

弓削インターフェイスとキネティックタイポグラフィを合わせたような画面構成。
聞き覚えのあるフレーズに合わせてテンポよく進む展開。

短い中にキャラのらしさが表れてて、私たちをニコリとさせてくれます。


【Novelsm@ster】 秋の日のこと 覆面作家P
(1分26秒)


短いからと言って、なにもコントだけではありません。
こちらは覆面作家Pさんのデビュー作。千早と過ごす秋のひとこま。

ノベマスとしては異色でしょうか、この作品にはセリフが存在しません。
それを補って余りある地の文と立ち絵の変化。
直接会話が示されないからこそ、想像力が刺激されます。

一体どんな会話をしてるのか。それとも二人に会話はいらないのか。
たった1分半でも、にやにやできる訳です。


【ノベマス】高垣楓の可能性 やとまP
(1分56秒)


モバマス勢からはこちらの作品。
2分でコントというと、「ぶっぱなし」というか「やり逃げ」というか。
そういう感じになりがちですが、そこでこの作品。

たったの2分ではありますが、楓さんの人となりがよく解ります。
またPとの関係も雰囲気によく表れています。
モバマスがよく分からない方でも、楓さんのキャラをよく解って帰れることでしょう。

キャラクタの「らしさ」をテーマにした面白いコントです。


『春香は、しゃもじ戦隊シャモジマン!』~夕日に春香は消えたの巻~ くぴP
(1分1秒)


こちらは、斬新な構成で驚かせてくれるくぴPさんの作品です。

まずあらすじ紹介(アニメの前置き)という体裁、これが面白い。
これなら1分で全く新しいお話を作ってもすんなり入っていけます。
そして語られる荒唐無稽なシナリオがまた。一体どんな本編なんでしょう?

ノベマスでゆっくりが使われるのも異色な作品。
画面構成も随分新しい……あれ、この構成どこかで見た様な……?


【ちょっとした会話】 A Little Less Conversation 【アイドルマスター】 もう、ダメP
(2分1秒)


ノベマスではないですが、お気に入りの動画なのでちょっと紹介。
本番前の楽屋を巡るお話。

ほんの短い時間で、揺れる貴音の気持ちが余すところなく表現されています。
オチも面白い……というかこれ、どうやってるんでしょうか?
技術力にもさすがの一言。



こうして見比べてみると。
長時間のノベマスが「ガチネタ」重視だったのに対し、こちらはコントが大半。
そういえば超ノベの時も「コント有利」が謳われ、実際そんな結果でしたっけ。
まぁ確かに、2~3分で小津安次郎風とかできないですもんね。

ここで思うに再生時間そのものも、作者からのメッセージではないでしょうか。
長い動画はそれなりの大作を期待して、準備して見るでしょう。
また、短い動画はちょっとした空き時間に楽しむ事ができます。

再生時間を短くするなら、「手軽」さを生かしたノベマスが本領発揮。
テンポの良さや笑いがキーになるかもしれませんね。

それでは例によって紹介しつくせたとも思いませんが、今回はこれにて。
お読み頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。