スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十三回 覆面作家P「『愛m@s 2番目の贈り物』を読め!」



愛識P
『愛m@s 2番目の贈り物』(2009 2/1)


 覆面作家と申します。
 私は千早さんすきーですので、一番かわいい千早さんが出てくるノベマスを選びました。
 
 この動画の千早さんは恋をしています。相手は彼女を担当するプロデューサーです。
 千早さんには『きりくん』という弟がいました。あまり笑わない子だった千早さんは、弟を通じて笑顔を見せ、愛情を知りました。しかし、突然『きりくん』はいなくなります。後に残ったのは、家族を失い、笑顔を失った千早さん。そんな彼女はアイドルになり、そして、プロデューサーに出会います。プロデューサーは真摯に千早さんに向き合い、徐々に千早さんの見る景色は色を取り戻していきますが……。
 そんなストーリーです。

 10分少々の短編ですが、千早さんの魅力がたっぷりな作品です。
 千早さんが失ったものを一つ一つプロデューサーを通して取り戻していくシーンに、千早さんの不器用さとかわいさのすべてが込められています。いや、まあ不器用なところがかわいいんですけど。

 この作品の魅力の一つはBGM。モダーン今夜、川井憲次、DAISHI DANCEの曲が使われています。
 BGMはノベマスで欠くことのできないものです。ノベマスではアイマスのゲーム内のBGMや、他のゲームやテレビドラマなどのサウンドトラックの曲を使用されることが多いように感じます。愛識PがBGMに使うのは、サカナクションやフジファブリックなど、ロックなアーティストも多いです。
 声つきのBGMには違和感を感じる人も少なくないでしょうが、シーンにぴったり合ったものを選べば、文章と相まってとても印象に残ります。自分の好きな曲で一作作ってみるのもいいのではないでしょうか。

 作者の愛識Pは西尾維新ちっくなぶっ飛んだ文章も書かれる方ですが、人と人の、愛だったり依存だったりそもそも好きなのか嫌いなのかよくわからないだったりの複雑な関係を描くのが非常にうまい方です。この動画を見て良かったと思った方はマイリストからほかの作品を見てみてください。







覆面作家P



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。