スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十回 アイオリアP「『夢の続き』を見ろ!」

『このノベマスを見ろ!』という企画……素晴らしいですね。
私も一ノベマスファンとして、これまで知らなかった名作の数々に
触れることができて嬉しい限りです。
しかし、あえてこの企画の難点を挙げさせて頂くならば……、

アイマスDS分が足りない! 否、足りな過ぎるッッ!!

これはDSノベ(主に涼ちんカップリング物)をきっかけにノベマスにハマり、
挙げ句ノベマスPにまでなってしまった私としては由々しき問題ですよ!

ならばどうする?
私自ら紹介するしかないでしょう!
それもDSキャラしか出てこない、純粋なるアイマスDSノベってヤツを……!





やっほP
『夢の続き』シリーズ(2009 11/15~2010 3/10)


タグピックアップ: すずゆめ ノベマスの良心 アイマスMAD処女作


……というわけで、やっほPの処女作であり、同時に残念ながら
氏の唯一のシリーズでもある『夢の続き』シリーズ全4章13話(+番外編2話)です。

涼がランクA(ベストエンド)、絵理と愛がランクBでそれぞれ
エンディングを迎えた後という少し変わった設定のアフターストーリーで、
主役を張るのはDS本編でほぼ絡みのなかった夢子とサイネリアのコンビという、
これまた変わった設定のノベマスです。


――涼のカミングアウトをきっかけに、オールドホイッスル出演の夢を叶えるため
再びランクFからやり直すことを決意した夢子。
プロデューサーに転向した絵理の陰謀で、半ば強制的に
リアルアイドルとしてプロデュースされる羽目になったサイネリア。
努力家で、かつては勝利のために汚い手を使うことも辞さなかった夢子と、
努力嫌いで、リアルアイドルの世界を汚いモノとして忌み嫌うサイネリア。

これは、そんな対照的な二人が偶然出会った事から始まる友情と“夢”の物語――


さて、この作品ですが、基本的に背景と台詞枠と歪氏の捏造立ち絵だけで
構成された、いわば最もオーソドックスな形のノベマスであり、
演出も紙クリの基本的な機能だけを用いた至ってシンプルなものです。
また文章表現やBGMの使い方にも良く言えば処女作らしい初々しさが感じられます。
しかし、それだけに、目の肥えたノベマス視聴者の目には
地味なノベマスと映ってしまうかもしれません。

……でもね、でもですよ?
 だからこそ、この作品はノベマスの本質をよく表してると思うんです。

ノベマスはストーリー、言いかえれば“妄想を形にする”事こそが本質なのですよ。
己の脳内で、公式のくびきから離れて自由に動き回るアイドル達……。
そんな妄想を具現化して他のファンとも共有したい……そう思っている人は
少なくないと思います。
けれど、多くの人は画力、文章力など、
それを実行するための技術がなくて諦めてしまうのでしょう。
しかし、技術不足を理由にデビューをためらう必要があるのでしょうか?

否! 断じて否!!

熱意! そして愛!!
そう、ノベマス作りに必要なモノはそれだけ、ただそれだけなのです!

そこでこの『夢の続き』シリーズですよ。
この作品、確かに処女作ゆえの未熟さは随所に見受けられます。
それでも、シリーズ通して安定した再生、コメント数を叩き出しているのは
それだけ魅力のあるストーリーを作り出せているからなのです。
例えば、公式設定を忠実になぞりつつも、
はじけすぎない程度に二次設定を加えたバランスの良いキャラ付け。
例えば、DS本編中ではうやむやのままに終わったため
どこかスッキリしない思いもあった夢子の罪に対する罰と償いの描写。
そして何より夢子とサイネリアが、アイドル活動を通して
お互いを高め合いつつ友情を育てていく描写の素晴らしさ……!

私はこのノベマスを、ただ面白いと思ったからという理由だけで
勧めているわけではありません。(無論それが最大の理由ではありますが)
特別な技術や優れた演出を用いなくとも
視聴者を惹きつける魅力のあるこのノベマスを見れば、
「自分もノベマスを作ってみたい、作れるかもしれない!」と、
ノベマス作りに目覚める方もいらっしゃるんじゃないかと思ったからなのです。

さぁ、そこのまだノベマスは見る専でいるあなた!
もしあなたの脳内に斬新なシナリオのアイディアが眠っているならば、
是非ともこの『夢の続き』シリーズをお手本として、
ノベマスという形で披露してはみませんか?

……あれ、なんだか趣旨が変わってしまっているような(汗)。





アイオリアP




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。