スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回 中南海のノベコラ「大長編 ノベルズマスター」

伸びるノベマスは10分超えない、なんて言われているそうで。

ノベマスが短くて済む最大の理由は、二次創作という環境の為です。
要するに、登場人物の説明をしなくたって構わないんですね。

物語に出てくる人がどんな人物か、私達は既によく知っています。
開始5秒で千早の家庭の話をしても、突然やよいが兄弟の話をしても大丈夫。
だからこそ10分程度でそれなりの決着を付ける事もできるというもの。
その為か実際アニメは23分ひと枠なのに、ノベマス20分は随分長く感じるものです。

しかし、本当にそうでしょうか?

どんな物語にも、固有の背景があります。
視聴者と多くの体験を共有してこそ言える言葉、感じ入る言葉だってあるはず。

今日は、そんな大作の紹介です。
連休のお供に、ビールとポップコーン片手にいかがでしょう?

続きを読む»

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。