スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六回 ぎゃふんP「『fake story』を見ろ!」



フリージアP
『アイドルマスターfake story』シリーズ(2008 01/27~)



タグピックアップ:未完の大作 伝説の始まり アイドルマスターfake_story


みなさま、はじめましてこんにちは。ぎゃふんPと申します。

自分のようなド底辺な上に碌な投稿すらしていない者が、中南海P、アゥP、ボン太くんPによって企画された『このノベマスを見ろ!』
に寄稿させていただくには僭越な気もしましたが、思い切ってこの場をお借りすることに致しました。

そんなダメダメな私が語るのは『アイドルマスターfake story』です。

まず、題材が王道です。アイドルマスターそのものですから。
それなのに、SPを先取りした設定には舌を巻きます。
リアルタイムで見られなかったのが本当に悔やまれます。

近年、様々な設定のノベマスが見られるようになりましたね。
個人の嗜好によっては、有名な作品であっても完全スルーしているということもしばしば。
でも、たまには王道ものも見たくなったりしませんか?
今日においても王道が好まれるのには、人物の役割がわかりやすく、容易に感情移入ができるからだと思います。
fake storyはそこが上手かったんですよね。

アーケードやコンシューマー移植されたアイドルマスターと同じく、目指すは頂点!
主役の春香と千早、彼女らを導くプロデューサー。そして、ハッキリと悪役として立ちはだかる赤木専務。
フリージアPは王道ど真ん中を突っ走る、理想的な構図を作ってくれました。それも、とてもレベルの高い構成力で。
このままアニメ化してほしいくらいです。
あえて見え見えの伏線を張り、そして予想通りにその伏線を回収していき、そこへさらに王道を積み重ねていくと、立派な道が出来上がっているんですね。

我々視聴者はその道を歩きながら、登場するアイドルの成長を一緒に応援して、成功すれば一緒に喜び、失敗や挫折をすれば一緒に悲しみます。
そして時には、息抜きに挿入されたコメディに大笑いもするし、セリフに感動して涙もする。
ここまで感情移入できるのも、フリージアPの技術力のおかげでもあるんです。
まず、立ち絵がコミュです。
動きます。すごい手間のかかり様です。
おかげで脳内再生余裕です。
もちろんセリフにもこだわっています。
かっこいい演出も随所に散りばめられています。
至れり尽くせりですね。

だから、我々視聴者は物語に足先から頭のてっぺんまでどっぷりと浸かってしまうんです。
気づかぬうちに物語の虜です。
だからほら、コメントが少ない。約四年経過した今でもコメントを忘れて物語に没頭してしまいます。
それくらい、起承転結が面白いように回って、演出もそれに拍車をかけて、ぐいぐい惹き込まれます。
続きが気になって眠れないというコメントも度々目にしました。

これがフリージアPの表現したかった物語であり、ニコマスなのだと感じました。

惜しむらくは完走できなかった点ですが、ノベマスの黎明期にあたる当時では、視聴者の食指が向かなかったのでしょうか。
それでも今なおSNSなどを通じて評価されているのには、冒頭で述べた通り、まっとうな王道であったからだと思います。
できれば、投稿当時にフリージアPの世界観を共有したかったですね。

続編が作られるかはわかりません。
ですが、最新話まで見てください。
きっと得るものがありますから。





ぎゃふんP
ノベマス 


ツイッター https://twitter.com/nuco3ch
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。