スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三十五回 Pボウイ「『みきだらけ』を見ろ!」

おはこんばんちわ、Pボウイです。
ニコマスで色々やらせて頂いております。

さて、僕が紹介させて頂く作品はこちら。



かもっぱちP
『みきだらけ』(2011/12/30~2012/2/8)


タグピックアップ:みきだらけ 滅べ 人生カット


『このノベマスを見ろ!』をここまで読んできた方はご存知のことと思いますが、実は『第十一回 中南海のノベコラ「かわらずよいもの」』にて主宰・中南海P自らご紹介されている作品です。
しかも、僕もこの作品の名前を知ってはいたのですが、実際に見たのは中南海Pのノベコラを読んでからだったのです。
はい、つまり、つい最近見たばっかりの作品ですがどハマリしたので勢いだけでご紹介をさせて頂くというわけなのです。
コーラうめぇ。



かもっぱちP、ごめんなさい(土下座)



さあ、気をとり直していきましょう。
まずはあらすじです。
美希が15人に増えます。
コーラうめぇ。
以上。


みきだらけ1



歯に衣着せない言い方をしてしまいますが、映像的に特別な演出などはひとつもありません。
ともすればサムネオチ、飛び道具なネタのギャグ作品と思いかけてしまうかもしれません。

しかし1話はあくまでも綺麗にまとめられた「導入編」。
その大人しさは仮初めの姿だったのかと言わんばかりに、2話からはテンポ良くぐいぐいとひたすらに「かもっぱちワールド」に引き込まれていきます。
背景の上に、アイドルの立ち絵と、セリフ欄。たったそれだけの紙芝居なんですが、ただひたすらに、紙芝居としてめちゃくちゃ面白いんです。


■テキスト、絵面、間の取り方
まず僕が何よりも大好きなのが、シュールなテキストとその「間の取り方」です。
無闇にテンションの高いボケ&ツッコミで力押しにするのではなく、淡々とボケたり「しれっ」と毒舌を吐いたりというシュールなテキストで提供される、言わば「シリアスな笑い」に分類されるんでしょうか。
それがアイドルたちの表情で更にシュールになります。背景の上に、アイドルの立ち絵と、セリフ欄。たったそれだけなんですが、テキストに対する「絵面」のバランスがとても上手い。
そしてテキスト表示速度や次のセリフが入るタイミングの調整、「間の取り方」も上手く、淡々と進んでいるのに思わず吹き出してしまうような空間を創り出しています。

みきだらけ2


みきだらけ3



■キャラクター
15人に増えてしまった美希ですが、それぞれに特徴があります。美希を元に戻して事態を収拾するためには、それを把握して判別していかなくてはいけません。
その経過で、そしてストーリー全体を通して描かれる、アイドルたちの「キャラクター」。これが実に素晴らしい。
このキャラクター描写の秀逸さこそが、この作品を飛び道具なネタのギャグ作品に留まらせず、「アイドルマスター」たらしめているのではないだろうかと個人的には思うのです。

みきだらけ4

みきだらけ5



■BGM
最後にBGMですが、これがまた、全編を通して非常に雰囲気にマッチしています。
そして最後の最後であの曲が流れるというのが、またニクイ。
これは見てのお楽しみということで……

みきだらけ6




現在連載中のシリーズ『死に続けるアイドル達』でも、そのシュールでクールなテキストと、先の展開を読ませぬストーリーテリングは健在。そして綺麗にまとめられた「導入編」の1話を経て、2話から始まる「ひとたび動き出したら止まらないスリリングさ」は『みきだらけ』以上です。




読めば分かる「かもっぱちワールド」の面白さ。
まずは『みきだらけ』から、あなたも足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?



P.S.
コーラよりジンジャーエールの方が好きです。





Pボウイ

ツイッター:@Pboowy





スポンサーサイト

第三十四回 LandyP「『夏夕空』を見ろ!」

はじめまして、LandyPと申します。
デビューして1年程度の若造ですが、良ければお付き合いください。

今回自分が紹介させていただくのは、なかよしPの「夏夕空」です。




なかよしP
『夏夕空』(2012 9/16)


タグピックアップ: はるちは 百合

なかよしPと言えば、MAD、PVと色々な種類の動画を製作しており、そのどれもがレベルの高い万能Pですが、本人も言っているように本文はノベマスPであり、自分もそこに一番魅力を感じています。


この動画はサウンドノベルタイプと言われるものです。人物の絵は使われていますが、表情を読み取るためのものではありません。このタイプは大抵動画として伸びず、多くの人に見られないまま埋もれてしまいがちですが、非常にもったいない。
表情が読み取れないからこそ、自分で考え、想像し(妄想し)物語をじっくり堪能できます。


・あらすじ
寝苦しさに春香が目を覚ますと、時計は既に十二時を回っていた。
そしてその横には、前日風邪を引いていた千早の姿が・・・
とまあ、一応あらすじを書いてみましたが、このお話は物語を進めるものでは無いため、状況を書くだけになってしまうのですが。


このお話はいわゆる"百合モノ"です。
自分なんかはそれだけで心が躍るのですが、苦手な方もいると思います。しかし、それを差し引いても見る価値があります。

この頃の年齢だと、恋愛に対して色々ネガティブな考えが浮かびます。
例えば、容姿が不釣合いではないか。成績が不釣合いではないか。性格の悪い自分なんかが。相手が年上だと、それだけで不安になったり。
性別となると、問題の所在が少し違ってきますが、本質的なところはあまり大差無いのではないかと思います。

女性の自分が、同じく女性である千早と付き合っているのは、本来正しい恋愛ではない。
千早のことを考えれば、どういう選択が正しいのかは分かっている。
でも、自分から別れを切り出すなんてこと、できるわけがない。
だって、好きなんだから。

相手を想う故の終わりを望む気持ちと、理屈なんかじゃ曲げることのできない、どうしようもなく相手を好きな気持ち。
そういう思春期の心の揺れ動く様が、とてもリアルに表現されています。
見終わった時、この二人が繋がり続けるよう祈ってしまうはずです。


自分の実力不足のため、あまり多くは語れません。
おそらく魅力の半分も伝えれてませんが、最後に

最後の最後まで見てください。





LandyP



第三十三回 ゆきひめ「『クール・オブ・ザ・ウィンターホース』を見ろ!」



レオハルトP
『クール・オブ・ザ・ウィンターホース』シリーズ(2011 3/25~)


ピックアップタグ:熱いノベマス、りょうとう

◆◇◆ ごあいさつ ◆◇◆
みなさまこんにちは。1203Pのゆきひめといいます。
876、魔王、ジュピターを中心としたギャグを作っています。
まだ3作しかありませんが。´ム`
最近ではアイドルにユニフォーム着せた素材をサカつく動画製作者に提供したり
軽いノリで棟方愛海立ち絵を作って配布したりもしてます。


私がオススメするのはレオハルトPの『クール・オブ・ザ・ウィンターホース』です。
タグにある通り“りょうとう”、つまり涼ちんと冬馬の話です。
一応いうと腐ってません。いや、腐ってるのも個人的には大好きですが



◆◇◆ あらすじ ◆◇◆
学校一の人気者冬馬は女の子に追い掛け回されて大変。
一方同じ学校の後輩の涼は男に追いかけられる日々。

そんな涼は冬馬に相談を持ちかける。
「どうすれば先輩みたいなイケメンになれるのか」と。

そして涼は冬馬と同じアイドルを目指し始める。ただし女装させられて。



◆◇◆ みどころ ◆◇◆
このノベマスの魅力は少年キャラが中心で進むこともあり、少年漫画的な魅力です。
それはやはり熱血で少年漫画の主人公のような冬馬の魅力の為せる業です。

相変わらず涼はいつもと同じようにむちゃくちゃな境遇に置かれます。
そこに冬馬という存在が近くに居るとどうなるか。
冬馬は愚直なようで一本気の通った芯の強い人間です。
そして事情も知っているので涼の境遇がひどいことを理解してくれる。
その上で戦おうとする涼の背中を素直に押してやれる、そして導いてくれる存在なのです。
涼にとって理想となる人間がしてくれる応援なのでひとしおです。


とくにオススメは第八幕の3事務所が結集していくシーン!BGMも相まって非常に盛り上がるシーンです!

「二人は付き合ってるの?」と聞かれるのはお約束w



◆◇◆ この作品が投稿された当時の背景 ◆◇◆
この話が初投稿されたのは2011年3月25日。アイマス2発売から程なくです。
つまりまだまだジュピターへの風当たりが強い、もしくは芸人扱いと言う状況でした。

そんな中クール・オブ・ザ・ウィンターホースはジュピターをあくまでもかっこいいキャラとして描いた先進的なシリーズ作品でした。

本作に限らずレオハルトPは批判を浴びかねない作品も恐れずにいくつか投稿しています。
それで実際に非難を受けることもありました。それでも姿勢を崩しませんでした。

レオハルトPはもっと評価されるべきノベマスを紹介する動画も作っているように、
あまりスポットが当たってないけど魅力的なものを広めようとしています。
それと同じ思い出ジュピターの魅力も伝えようとした、レオハルトPならではの作品かもしれません。



◆◇◆ ゆきひめとこの作品 ◆◇◆
このノベマスを見ろ!では寄稿者のマイリストを張ることでどう影響を受けてかを見るという狙いがありますね。
では私が『クール・オブ・ザ・ウィンターホース』にどう影響を受けた作風なのか。
それはたぶん見てもわかんないと思いますw

そもそも私はおしゃれな演出とか配置とか全く気にしない人なのです。
なのでこの動画についても特にオススメポイントとして挙げることはしていません。
では何を見るかというと、もうそりゃテキストです!

私の目指す作風としてあらすじだけでおもしろいと思わせるというものがあります。
有名所では瑞P、あと石動一P推薦のビンゴP、ライロPあたりが当てはまると思います。
アキバブームを経て漫画・アニメ・ゲーム作品およびその二次創作がありふれた昨今、
すべての源泉となる設定とテキスト力、それもさわりだけで人を引き込めるのは並々ならぬ力と思います。
ただ私にはそれが浮かばないからとりあえず思いついたギャグを投稿してるだけです。すみませんw

それに気づかせてくれたのがレオハルトPの作品であり、ノベマスに対する姿勢です。
みんなも、それぞれの楽しみ方で、Let’sノベマスライフ!





ゆきひめ



第三十二回 平蜘蛛P「『THE IDOLM@STER -シンデレラフープ-』を見ろ!」

■どんなに長くてもこれだけは見る!

2008年秋、まだ見る専だった頃に「ノベマス」というジャンルに出会って以来、リスペクトしているPや作品は数多く見つけて来ましたが、その中で皆さんに是非とも見て頂きたい作品は何か?

散々悩みに悩みましたが、今最も私を惹きつけてやまないこのシリーズを推させて頂きます。




玉ふたつP
THE IDOLM@STER -シンデレラフープ- (2012 4/22~)


タグピックアップ:アイドルマスターシンデレラガールズ ハードラックとダンスっちまった
オフェンスに定評のある尻


リアル生活との兼ね合いもあり、近頃どうしても15分を超える動画は視聴をためらってしまうのですが、この作品だけは例外でどんなに長くても真っ先に見てしまいます。そんな魔力を秘めたシリーズです。

タイトルからお察しの通り、この作品は『モバマス』こと「アイドルマスター シンデレラガールズ」を扱ったシリーズです。そのため、もしかしたら万人にお薦めできる作品ではないのかもしれない。それでも私は「このノベマスを見ろ!」と強く言いたいのです。


■圧倒的な熱量の群像劇

それではどんなお話なのか、序盤のあらすじをざっくりと書かせて頂きます。

----------------------------------------------------------------------
 9歳から31歳までの女の子達によって行われる
 超人気女子バスケットボール大会『シンデレラフープ』
 その花形プレイヤー天海春香に憧れる【島村卯月】は
 やりたい事、頑張れる事を見つけられず葛藤の日々を送っていた。
 
 一方、かつて天才バスケ少女と呼ばれ
 本場アメリカへ留学していた【渋谷凛】は
 現地で挫折を味わい、三年ぶりに日本へ帰国する。
 
 そんな二人は、とあるコートで
 前回のシンデレラフープ出場者【愛野渚】と出会う。
 
 何者にもなれずただ憧れているだけだった卯月と
 「天才」という言葉に人一倍の自負とこだわりを持つ凛
 正反対の二人が出会ったことによる化学反応は周囲を巻き込み
 やがて二人は日本女子バスケ界の「新世代」として成長していく……
----------------------------------------------------------------------

とまぁ、こんな始まり方をする超王道のスポ根ストーリーでして、とにかく熱い。
この文章を書いてる時点での最新作である第18話は、あまりの熱量にアテられて涙をドバドバ流しながら視聴していました。

主人公格は前述のしまむらさんとしぶりんの二人ですが、熱いのは彼女だけではありません。チームメイトたちや次々と現れるライバルたちにも血と涙が沸騰するようなストーリーが用意されています。
特に主人公チーム【原田ウィニングラップ】のメンバー。彼女たちの過去との対峙と葛藤、そしてそれに決着をつける様に是非とも刮目して頂きたいです!



■絶妙なBGMチョイス

そしてその熱いストーリーを彩るのがBGMです。
お話と非常に合う選曲であるというのもさる事ながら、その使い方が実にイイんです。

私は常々、ノベマスが漫画やSSよりも秀でている点はBGMを付けられる事だと考えているのですが、この人は音楽を演出として扱うのが本当に上手い。特定のシチュエーションで同じ曲を何度も繰り返して使うことによって視聴者を調教し、パブロフの犬のごとくテンションを底上げする手法が素晴らしい!

先述の18話についてもクライマックスで見事にキマっていました。歌詞が状況に完璧にマッチしている上に、それが毎話毎話聴いていた曲だったので否が応にもこれまでのストーリーがリフレインしてしまうわけですよ。それによってそれまで毎回聴いていた「アレ」が実は伏線になっていた事がわかる。そりゃあ泣きますって。このカタルシスはホント皆さんに味わって欲しい!

あと玉ふたつP、あのアメフト漫画好きでしょ?w



■「シンデレラガールズ」というノベマス・フロンティア

さて、ここで話を切り替えますが、「シンデレラガールズ」をノベマスで扱う場合、これまでのアイマスシリーズとは大きく異なる部分があるかと思います。それはキャラクターの深め方です。

従来のアイマスシリーズを中心としたお話の場合、765プロ(場合によってはプラス961,876,東豪寺プロ)に内面をいかに深く掘り下げていくか、というのがストーリーを作る上での基礎だったと思います。いわば「内向きの追求」です。

それに対してモバマス。こちらでも勿論そういう手法でお話を作ることはできるでしょうが、「外向きの追求」も可能です。

なにせ百数十人のキャラクターです。公式が用意した彼女たちの設定が、たかだか数枚のイラストと僅かなセリフパターンのみだったとしても、それらを曼荼羅の如く繋ぎ広げていけばそれだけでひとつの世界観を作り出すことが出来ます。これによって総勢わずか13人の765プロでは難しかったストーリーが描けるのです。

『シンデレラフープ』はまさしくそんな作品です。
チームスポーツを題材とした作品は登場人物が膨大な数となります。主人公の所属するチームについては全員しっかり描く必要がありますし、対戦する相手チームも、トーナメント戦を描くのであればひとつやふたつでは収まりません。さらにライバルがぶつかるチームはどうするの? コートの外の人間模様は?? と、とにかくキャラクターが必要になってきます。それら全てに焦点を当てるお話はこれまでのアイマスでは非常に難易度の高いものでした。

その点、モバマス(今ではグリマスも?)にはいくらでもキャラがいます。作者の風呂敷に包める限りは使い放題登場させ放題です。その為、私はシンデレラガールズをノベマスに新たな姿をもたらしてくれるフロンティアであると考えています。



■コレ作ってるとき絶対楽しかったろうな

さて、『シンデレラフープ』について思うことをだらだらと書いてきたわけですが、「ストーリーが熱いから」とか「BGMがイイ」とか「モバマスに可能性を感じたから」とかだけだったら私もこの機会に取り上げようとは思わなかったでしょう。
何よりも私がこのシリーズに魅入られている最大の理由は、このシリーズからひしひしと伝わる「動画を作ることへの歓喜」なんです。
このシリーズを見ている時、私は「この人コレ作っている時、楽しくてしょうがなかったろうなぁ」といつも思わされます。そして見ているこっちまで楽しくなってくる。

そもそも玉ふたつPは異形の作風を持っているお方でして、彼のデビュー作は「雪歩に対する愛情の塊」みたいなシロモノでした。具体的な内容は敢えて書きません。是非ともその眼…いやその耳で確かめていただきたいのでw
(そのデビュー作から溢れ出るパッションは『シンデレラフープ』にも「SE」という形で脈々と受け継がれていますw)

その頃の作風と『シンデレラフープ』は一見大きく異なりますが「コレ作ってるとき絶対楽しかったろうな」というのは変わらずに伝わってきます。そして私は、二次創作においてそれが最も大切だと思うのです。この界隈、楽しんだ者勝ちです

このシリーズをただ動画としての出来だけで見た場合、特別洗練されているわけではありません。それどころかある種の「野暮ったさ」すらあります。絵が特別上手いわけではなく、豪華なエフェクトが使われているわけでもない。ゲーム本編のPV(そもそもモバマスにそんなもの存在しませんが)やMMDによるダンスシーンがあるわけでもない。だからパッと見では良さが伝わりにくい動画です。熱いストーリーや選曲も裏を返せば「とても泥臭い作風」と言えます。

けど、それでも突き刺さるモノが確実にあります!

この作品には感情が乗っています。視聴者が思わず「うおおおお!!」っと昂ってしまう。そんなシーンが『シンデレラフープ』には山ほどありますが、そこを作っている時は玉ふたつP自身も「うおおおお!!」っと昂ぶっているのではないでしょうかw 「俺はこういうのでテンションが上がるんだ、お前もそうだろ!?」と言われているような気がしてきます。そんな動画が生まれるのは制作を心底楽しんでいるからなんだろうと、私は思っています。

故に、私は玉ふたつPを全力でリスペクトし、ニコレポに『シンデレラフープ』の文字が表示されるのを毎日楽しみにしているのです。





平蜘蛛P






第三十一回 Altair「『春香@メール』を見ろ!」



天海ばねP
『春香@メール』シリーズ(2011 8/2 ~ 2012 6/30)



 初めまして、昨年の6月にデビューしたAltairと申します。

さて紹介させていただく作品は天海ばねPの「春香@メール」シリーズです。

この作品はばねPの処女作で12年06月30日に「春香@メール~美希編~」にて完結しています。

シリーズといっても短編の1話完結となっていますが前のお話とのつながりが最初に描かれていたりします。

 内容は動画説明文にもあるように春香さんが可愛い、そしてほんわか・お人よし・癒し系な春香さんが魅力的な作品です。「はるかあさん」のタグは伊達じゃありません。処女作ということもあってか初期は環境音のみなどシンプルでしたが5話の亜美真美編からシンプルながらもより丁寧に作りこまれている作品になってきました。毎回動画の最後につく撃墜マーク?も個人的には大好きですw


 ここからはなぜこの作品の推そうと思ったかを話していこうと思います。それは、この作品が見てきた作品の中で最も衝撃を受けたからです。

(以下千早編ネタバレがあるので注意)

この回は弟の優の夢を見た千早が春香に相談をして翌日一緒にお墓参りに向かう内容です。複雑な事情を持つ千早の相談を春香が親身になって考えるといったものです。相談した翌日、春香とともにお墓へ向かってみると両親お供えしたたであろう優が生前好きだったケーキ屋さんのケーキがありました。それを見た千早は今日が優の誕生日であったことを思い出して締めくくられています。

私はそこに衝撃を受けました。人はいつか死んでしまいます、そのため亡くなったことを悲しみ命日を忘れないようにしてしまいますが、死んでしまった人にも誕生日はあるわけでそれを喜ぶということを忘れてしまいがちです。

「死んだことに囚われ生まれてきてくれたことを忘れていたんだろう」コメントより抜粋

このコメントに集約されているように思います。弟の死を乗り越えそこから前に進むという作品は多くありますがこのような作品は見かけませんでした。この作品を見て「自分もこんな作品を作れるようになりたい」と考えニコマスにデビューしようと思ったきっかけであったりします(絶賛迷走中です)w



 まだ見ていない人はぜひ見てみてください。ほとんど10分より短いのでサクサク見れると思います。どれも見て心がほっこりする作品です。

簡単ですがこれにて終わりにさせていただきます。

最後に企画してくださった中南海P、そして見てくださった皆さんありがとうございました。
Altair







Altair

(マイリストがないため、ユーザーページの投稿動画一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。